家庭引越し

引越し業者選択に関する情報を公開!

引越し業者との係わり合いというのは、引越しを経験しないとまず顔を合わせることもないですよね。引越し業者というと、男性を中心とした、しっかりした体つきの方が多いイメージもあり、契約に関しても怖いような印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。その原因として、引越し業者に関する情報が非常に少ないことも考えられます。私が引越しする際も、引越し業者も数えるほどしか知らないので、いわれたまま直接見積りをした一社と契約した所、かなり高い見積りのまま契約をさせられていた事に後で知人と話しているうちに気づきました。では引越し業者を選択していくにはどうすればよいのでしょうか。

 

引越しを行う上での注意事項に関してはコチラから!

 

引越し時の挨拶回りに関する情報はコチラを参考に!

引越し業者を選択していくには

引越し業者をたくさん見積りを取るには、今ではネットで検索するのが一番です。引越し見積りサイトを利用すると、多くの引越し業者の見積りを比較する事が可能ですし、その業者のサービスなどを検討するのに非常に便利なのでぜひ利用してみて下さい。引越しというのは、何度も経験する事が少ないですし、信頼できる業者に頼んで、気持ちよく新しい新生活を送っていきましょう。

 

引越し見積りサイト情報はコチラ

引越し見積りを一括比較できる情報サイトはコチラ

 

保険ってどういったものがあるの?

保険って一概に言ってもたくさん上がりますよね。その中でも大きく分類していくと少し分かりやすくなります。まず大きな分類としては生命保険と損害保険のたった二つなんです。そう、皆さんが多く耳にする火災保険や自動車保険なども損害保険に含まれます。これを知っておくだけでもスッキリしますよね。それではまず生命保険から詳しく見ていきましょう。

生命保険の種類

生命保険の契約種類というのは定期保険、養老保険、医療保険、収入保障保険、終身保険、がん保険、三大疾病保障保険、個人年金保険などが主に扱われています。また、これらの主契約のほかに、特別という形で特約契約をして主契約を補うというのが基本になってきます。要するに主契約では各個人の希望通りは保障しきれないのでオプションを付けることで、各々の希望に答えていきましょうというのが特約ということですね。死亡時の保障を増やすものや、入院や怪我のときに備えて保障内容を増やすもの、不慮の事故などに対する保障を付けるもの、その他個人の希望に答える特約もあります。例えば定期保険にありがちなのが年々の高齢者寿命の延長から、保障期間が足りないということが近年増えてきています。こういった場合に備えて、特約保障で一定期間の死亡保障を延長・長くする特約が組まれたりします。これが定期保険付きの終身保険というものです。難しいので簡単に説明しますと、終身保険というのが、亡くなった際に保障される保険ですね。そして定期保険というのが特約という形で付加されているのですが、ある定期の期間、例えば70歳までの間は定期保険分の保障もしてくれるので手厚い死亡保障が得られますが、70歳以降は終身保険分の保障しかされないですよ、ということですね。ただ、70歳以降になった際には、自分の子どもたちも自立し、そんなに多くの保障を必要としない方がほとんどなのです。ですから、必要な期間は保障を手厚く特約で補って、保障を減らしても良い期間は減らして、保険料を安く抑えるといったことが保険を契約する上で必要になってくるのです。

損害保険について

次に損害時の保険の種類について簡単に説明します。例えば自動車保険や火災保険、傷害保険などが主になっています。上記の生命保険に対して災害保険は万が一の事故や怪我、自然災害や火災に備えて保障を揃えておこうというものがこの保険に当たります。ですから特約のように保障したい範囲は個人や家庭環境によっても大きく違います。例えば身近な自動車保険は対人賠償だけなのか、対物も保障するのか、搭乗者が怪我した際も保障してくれるかなど様々です。
少しは保険の種類についてご理解をいただけたら嬉しく思います。